e-mono

日々の出来事や新しく購入したアイテムの紹介などを書いてます。

エクセルで電話番号や郵便番号のハイフンを外す最も簡単な方法

エクセルを使ってリストデータなどを扱っていると、郵便番号や電話番号のハイフンを外したいと言うときがありますよね。ありますよねw

 

そこで、ハイフンを外す最も簡単な方法を書いてみようと思います。

SUBSTITUTE関数を使えば即終了!

コレ使えば即効で終了です。

例:0120−123−456

これのハイフンを外したいとします。

 

式: =SUBSTITUTE(A1,"-","")

 

これだけです。(A1は該当のセルに置き換えてください。)

SUBSTITUTE関数って?

この関数は置き換えの関数です。ある文字を別な文字に置き換える関数です。

つまり上記の式でやったことは

A1のセルに含まれているハイフンを無に置き換えるという内容です。

 

つまりハイフンが消えるということなので、この関数を使えば

0120−123−456 が 0120123456になります。

電話番号だとハイフンの位置がバラバラだったりしますが、この関数ならそんなの関係ないです。

LEFT・MID・RIGHTを使ってハイフン取ることも出来ますが、それだと途中に桁数が違う番号が合ったらできません。

 

でもSUBSTITUTE関数なら一発。

 

ハイフンを消したい、特定の文字を別な文字に置き換えたいときなどぜひ使ってみて下さい。

とっても簡単ですよ。

スポンサーリンク