読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

e-mono

日々の出来事や新しく購入したアイテムの紹介などを書いてます。

質問に答えたらお勧めフォントを自動的にGooglefontから選んでくれるサービス

GoogleフォントはHTMLでコーディングを行う上では無くてはならいほどの貴重な存在。

Font Libraryでは、Googleフォントのフォントがさまざまなタグで分けられており、好みのフォントにきっと出会えます。 でも、数が多すぎてなかなか好みのフォントに出会えないし迷ってしまいますよね。

そんな時のお助けサイトをご紹介します。

Googleフォントで迷ったらこのサイトへGO

Googleフォントを使った組み合わせを次々提案してくれる「Font Flame」。 提案された組み合わせについて、「好き」「嫌い」で振り分けることができ、「好き」な組み合わせをストックしておくことが可能です。 Googleフォントをもっと便利に利用したいという場合に活躍するサービスです。

サイトに行くと以下のような画面でフォントが表示されます。 screen-2016-10-23-22-34-56

そこでHATE(不要)、LOVE(ストックする)を選んで行きます。 次から次へと候補が出てくるので、選びます。

そしてある程度選んだ後にMY TYPEをクリックするとLOVEを選んだフォントの一覧が表示されます。 screen-2016-10-23-22-36-52 そして、フォントのカードをクリックするとGooglefontのページにそのままジャンプすることが出来ます。

screen-2016-10-23-22-37-56

あとはそのフォントをWebで使いたければ、右上に赤文字であるSELECT THIS FONTをクリックすると、SELECTされましたということで画面右下に黒い帯が現れます。(いつからなのか正確にはわかりませんが、GoogleFontの使い方結構変わりましたね。画面が変わった)

そして、黒い帯をクリックすればCSSの設定画面が出てくるので、ページに読み込ませるだけという簡単操作。 初めて新しいUIを見たときには使い方に一瞬迷いましたけど、慣れてしまえばこっちのほうが直感的で使いやすいかもしれませんね。 screen-2016-10-23-22-39-40

次々とGoogleFontの組み合わせを提案してくれるというのはとっても嬉しいサービスですね。

[amazonjs asin=“484436572X” locale=“JP” title=“Webデザイン基礎トレーニング 現場で使うテクニックをひとつずつ、しっかり。〈HTML、CSSjQuerySVG、Webフォント〉”]

スポンサーリンク