読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

e-mono

日々の出来事や新しく購入したアイテムの紹介などを書いてます。

descriptionを変えるだけでもサイトの順位がグッと変わる

ホームページを作るときには、metaタグって特別な理由がない限りは設定しますよね。 はページのタイトル はそのページの説明文 はそのページのキーワード(今は書いても書かなくても変わらない)。

今、新規にサイトを作っているのですが、descriptionについて考えてみました。

descriptionって必要なの?

ホームページを公開するという目的において、書かないとエラーになるというタグではないです。 ただ、descriptionを何も書いていないサイトだと、検索に引っかかった場合、本文のテキストやaltタグから検索に使われた言葉などを勝手に表示させる場合もあるようです。

必要かと言われれば、SEOの事を考えるとなるべく多くのページに、しっかりとした内容のdescriptionを入れてあげたほうが良いでしょう。 よく、トップページに入れた言葉を前ページに使ったりするさいともありますが、ページごとにそのページを表している内容の言葉をしっかりと入れてあげるのが良いです。

descriptionに書く内容

自分がサイトのdescriptionを書くときには、トップページは割と書きやすいのですが、他のページがやはり迷うときがあります。 プライバシーポリシーとか、会社概要とか。 そんなときには、プライバシーポリシーと入れて検索します。 そして何処かの会社のプライバシーポリシーのページがヒットするかと思いますが、そこで使われているタイトルや説明文を参考にします。

会社概要も同じように、会社概要と入れて検索して最初の方にヒットする説明やタイトルを参考にさせてもらってます。

闇雲に考えるだけではなく、SEOの面から検索エンジンで上位表示されている内容を参考にするのは良いと思います。(パクリじゃなくて参考です)

descriptionに書く内容

ディスクリプションとは説明という意味になるので、そのページが表している内容を表示するのが最も効果が現れます。 文字数はあまり長すぎると「・・・」となってし合いますので、できれば124文字以内、SEO的には64文字以内が良いと言われているらしいです。 その64文字の中に、キーワードとして使って欲しいワードを最低でも1回以上は登場させてあげる。

長くグダグダ書くのではなくシンプルに完結にわかりやすく。

ディスクリプションとかってついつい疎かにしてしまったり、全てのページを共通にしてしまったりスルこともありますが、SEOという面から考えるととっても重要な項目だと思いますので、今一度しっかりと見つめ直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク